看護師の定年退職っていくつなの?

看護師の定年退職っていくつなの?

看護師にも定年退職というものはあり、大抵の病院では60歳となっています。ただ、病院によっては定年退職をする時期や年齢を定めることが出来る場合もあるようで、それは勤め先の病院でよく確認しておくようにしましょう。ただこれは確認せずとも病院の種類でも大体絞り込むことが出来ます。

 

まず民間病院の場合、これは契約時の就業規則に定められた年齢となります!

 

大抵の場合60から65歳となります。次に国公立病院ですが、これは公務員の定年と同様で60歳と定められています。ちなみに、高齢者施設などに該当するものも病院と同様で、民間なら60から65歳ほど、公立なら60歳と定められています。このように、看護師にはある程度の年齢で定年退職することが可能となっています。

 

ただ、民間の病院の場合では、「再雇用」という制度もあるため、定年になってもやめずに仕事を続けるということも不可能ではないです。ただ、あまり安定して雇用し続けてもらえるわけではない、ということには留意が必要です。まとめとして、看護師にも定年退職があることは覚えておきましょう。