看護師の仕事というのは具体的にどんな事をするのでしょうか?

看護師の仕事というのは具体的にどんな事をするのでしょうか?

看護師の仕事には、色々な仕事がありますが、具体的にどんな事をするのかというと、医師の指示の元、注射や点滴をし、薬を投薬したり、塗布するのがメインになります。また、個々の患者の状況を把握しながら、ベッドなどの環境を整備したり、患者の清拭、入浴介助、食事介助、採血など盛りだくさんです。

 

患者の検査や移動などを平均で1人5〜10人ほど受け持たなければならないので大変な仕事です

 

そして、手術の準備なども看護師の重要な仕事になります。介護と違うのは看護師が医療行為を行えるという点です。看護師の仕事は、外来患者の診療をする医者の補助業務が中心になりますが、患者それぞれの病状の観察をしっかり行い、報告義務があります。

 

入院患者のケアとして、検温や血圧測定、検体検査の介助などもしなければなりません。また、入院患者のケアとして、バイタルサインの確認も毎日の仕事の一つになります。これは、患者の体温、血圧、脈拍、呼吸の4つに意識レベルを加えたものを測定する仕事で、患者の様子に何か変化があれば、すぐに報告しなければなりません。